2011年05月26日

report2 出発!

本来13日に新島を出発する予定だったが、台風1号の波で欠航になる可能性が高いため、前日の12日に出発。
(案の定13日のJFは欠航)
小雨が降る中、新中央航空に連絡すると飛ぶとのこと。
「ラッキー!!」と叫び、1便に搭乗。

エンジンスタートしたが、突然停止。・・・・・?
本当はエンジンが止まったのが気づかないくらい寝るモードに入っていた。
何でも、調布が視界不良とのこと。
あきらめ、JF。

この日は立川に宿泊。明日は奥多摩市が車を出してくれるため、羽村駅集合になっている。
行動が裏目裏目に出て、結局東京に残る事になった同級生の嶋自慢社長宮原君と飲み会。
しかし、裏目裏目と一緒、店も今イチ当たらなかった。

そんなことで早めに就寝。

翌日、羽村駅に集合。
みんなに挨拶。
奥多摩町の岡ちゃん、利島村の丹ちゃん、神津島村のナベちゃん、三宅島村の平ちゃんと自分の5名。
平ちゃんと言っても一つ年上。意気投合してから、こう呼ぶようになった。
三宅島村は現在も火山ガスが噴出している災害地であり、平ちゃんは自分と同じく防災担当。

一番最初に集合場所に到着した自分は、関係者に書類を渡された。
誰かリーダーになってもらいたいとのこと。今まではグループの最年長者がなっているとのことだったので、
「ハイ!平さん」と言って有無を言わさず書類を渡した。
平ちゃんは、少し迷惑そうな顔をしていた。
後々まで「富田さんにはやられたよ〜」と言っていた。

まずは岡ちゃんの運転でスタート。長距離のために交替で運転しなければならない。
車はアルファート。良い車。
写真の席は通称「王様の席」と呼ばれ、一番後ろでゆったりできる。
自分はその席に座る。まさに運転手つきの社長あるいは王様のようだ。

DSCF0670.jpg

今回のメンバーでタバコを吸わないのは岡ちゃんだけ。
岡ちゃんは、サーファーだということだったので、もう弟子扱い。
とは言え、支援期間中、こちらも礼儀を欠かないように敬語で通した。

車の中は、持ち主の奥多摩町職員が吸わないので、禁煙ということにした。
我慢できなくなるとI.Cで一服。
その分、かなり飛ばした。
自分が一番飛ばしたが、みんなに「短気だ!」と言われた。
確かにその通りだけど、くやしいから帰りは安全運転に徹した。

さて、午前10時に出発して午後6時過ぎ、前泊地の遠野市の民宿に到着。
宿代4,000円食事なし。
宿にお勧めの飲み屋さんを紹介してもらって、街にくり出す。
鳥料理が自慢の店。
そこで、はじめて自己紹介。

岡ちゃん、平ちゃんは省略。
丹ちゃんは奥様とIターン組、朝は4時半に起きて庭いじりをするらしい。
一番お酒が弱かったのかな。メンバーの中では一番まじめな人。
ナベちゃんは、ここでは書けないが(笑)事情があって神津島にUターンしてきた。
飲むとすぐ寝る。

初対面なので、何となく遠慮がちな皆も平ちゃんトークで和ませる。
よっ!さすが、リーダー!!
自分もH話しで盛り上げる。

これから行く被災地のことを思い話し合ったり、笑い合ったりと、気持ちは一つになった気がした。

翌朝、4時半起床、5時出発ということで12時ぐらに消灯。
まずは、丹ちゃんが可愛いイビキをかきご就寝。
その可愛さで皆で大笑い。
やがてナベちゃんが豪快なイビキをかき眠る。
それで大笑いしていたが、みんないつ間にか深い眠りについていた。

翌朝、丹ちゃんが4時頃からごそごそしている。
リーダーが一括!
自分は言えない。いきなりまずい雰囲気か!?
丹ちゃんすぐに反省の言葉。

一見きついけど、実は正解。はじめてのメンバーで同じ部屋に寝る。
大人なら互いを気遣わなければならない中で、個人個人が勝手に行動していたら、全員のペースが狂ってしまう。
相手は被災者。自分たちが健康でなかったら、どうして対応できよう。
なかなか言えない事をハッキリ言う。
これは凄い事。尊敬した。


さて、出発だ!

つづく
posted by yojibay at 17:50| 日記