2011年05月26日

report1 発生!

3月11日午後2時46分三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生。
新島震度5弱、式根島震度5強。午後3時20分新島にも高さ6mの大津波警報発令。
近年初の大津波警報だ。常日頃、自分は危機がせまった時には冷静になれると思っていたが、さすがに少し緊張した。
テレビからは、信じられないような大津波が東北関東を襲っている。
誰もが夢であってほしいと思った。

この日と翌日は災害対応に追われた。

その後、一日も休めなかったが、心の中では「日本人としてどんな形にせよ、絶対に行かなければならない」と決めていた。

そして、ジリジリと時が過ぎる中で、新島からはACCO
HAWAIIからはkirby
東北被災地へ向かって行った。


ようやく休みがとれそうだったが、自分には心の中に一つ引っかかっている事がある。
それは新燃岳で観光に大打撃を受けている宮崎だ。
忘れっぽい日本人。
マスコミのせいにもしたいが、しかし最後は自分自身の中にある日本人としての心だ。
迷う事無く宮崎行きを決断。
くわしくは宮崎トリップ2011


こうして島に帰ってきた自分に、ようやく被災地支援の話しが来た。
yojibay日記を見てくれている方は、ご存知だと思うが、こう見えても自分は公務員だ。

支援先は、岩手県大槌町。
防災対策会議で集まっていた町長以下130名中33名もの職員が犠牲になった町である。
これだけの犠牲者がでていたら町は機能していないはず。
迷わず志願した。

職場の先輩後輩は、自分の腰の事を心配してくれた。
随分、迷惑をかけた。5分も立っていられない、100mも歩けない自分をかばってくれたから。
だが、「もしかしたらこの日のために」というぐらい腰は痛くない。
(勿論、今は完全復活している)

支援期間は5月14日〜19日
メンバーは、奥多摩町・利島村・神津島・三宅村・新島村の5名でいずれも会った事はない。
この間、共同生活。
礼儀さえわきまえていれば心配ないけど、互いに気を使い合わなければならないから、被災地に行くことを考えると疲れるかも。

そんな事を考えながら、まずはお馴染み湘南仲間の「山男総長」に登山ザック&必要備品を依頼した。
何せ持っていかなければならない物が多すぎ。
こんな大荷物を持っての移動は人生初。
それでも何とかまとめた。
結果的に15kgになった。

さて、出発しよう!

つづく
posted by yojibay at 17:51| 日記