2011年05月26日

report4 被災の瞬間

我々、第7次派遣班は、初日から誰彼かまわず挨拶し、住民の方には積極的に案内し続けた。

誤解を恐れずに言えば、岩手県の方々は辛抱強く、そして礼儀正しい。何時間も列にならび順番を待っている。
「じょっぱり魂」と呼ぶらしい。

業務は立ちっぱなしだが、何て事はない。
しかし、それすらも今の職員数ではできない状態だ。
それよりも、住民の方の相談を受ける方がきつかった。
地元でない我々が、そう簡単には答える事はできないが、それでも職員の負担を少しでも軽減させたい。
その反面、あまりにも生々しい現実を聞く事になる。

町民からの相談例
・家は半壊だが、取り壊したほうが良いのだろうか。
・避難所で風邪をうつされておばあさんが亡くなった、町で火葬費等を負担してくれるのか。
・半壊と判定されたが撤去したら全壊扱いとなるのか。
・車の税金、廃車について。
・仮設住宅は空いていないか。
・両親が行方不明だが書類は何が必要か。
・取り壊す前に家の姿を目に焼き付きたいので連絡してくれないか。
・その他多数

被災体験
・2階に避難したが、右手側から火の海が迫ってきた。妻は逃げ遅れた。
・妻が銀行員で、妻を含め4名だけが残った。妻が1階のシャッターを下ろした瞬間に津波がぶつかった。妻は一旦沈んだが、2階にいた仲間が引きずり上げた。避難していた子供たちには「おかあさんはダメかも知れない」と伝えたが、しばらくしたら重油まみれの妻が高台の避難場所に上って来て再開した。
・地震直後、山から下りて来た職員と来るまですれ違ったが、それっきりとなった。
・車が流されてきてご遺体が中にあったが、何もできず引き波によりそのまま流されていったことなど。

これ以上の話しは記せない。

震災から2ヶ月経過し、義援金や支援金の受取りがようやくできるようになり、住民は仮庁舎に集る。そこで、再会を果たし涙なからに抱き合う姿を見た時はさすがにきつかった。

そして人の親としてさらにきつかったこと。
大槌小学校は少し小高い丘にある。目測だが海抜15m前後だと思う。
そこを津波が襲った。さらに重油に火がつき校舎は燃えた。

小学校高学年は授業中だったので助かったが、帰宅させた低学年や園児たちが亡くなり、安置所にはかなりの数のご遺体があったとのこと。

多くの小さい命が奪われた。

大槌小学校。かろうじて無事だった場所で義援金の配布が行われていた。
DSCF0723.jpg

校舎の中から。
DSCF0913.jpg

数々の遺留品。
DSCF0704.jpg

DSCF0705.jpg

DSCF0877.jpg

DSCF0878.jpg

DSCF0880.jpg

DSCF0919.jpg

玄関にはお菓子と花束が。
DSCF0904.jpg

DSCF0905.jpg


この写真の直前まで親子は手を固くつないでいた。
この先は避難所。
近づくにつれ、その手を離した。
DSCF0817.jpg

DSCF0939.jpg


つづきは災害写真
posted by yojibay at 17:48| 日記

report5 災害写真(1)

我々の一日はこうだ。

6時起床、7時過ぎに仮庁舎へ向かい、8時に打合せを行い。その後朝食をとり8時30分から業務を行う。
汚い話しだが、仮庁舎が簡易トイレのため、宿舎を出る前に必ずトイレに行く。よほど我慢できない時以外は、住民や職員も使用するので避けたいし、何よりも本当に汚く、神経質な者は入れないと思う。
DSCF0815.jpg

出発してから途中コンビニに寄り朝食と昼食を購入する。
コンビニの品は豊富でむしろお金を落とすために支援者が積極的に利用したほうがよい。正午に昼食予定だが住民対応が終わらないため、当然ずれ込む。午後1時(業務によっては1時30分)から午後5時(町民課関係業務は7時30分)終了。

その後、被災地を視察。釜石にある銭湯に行く(休みで入れない場合あり)。
時間がないので自分が「ハイあと5分ね」とまるで刑○所みたいに皆に言う。
すぐにスーパーで夕食を購入する。夜8時30分から全体ミーティングがあるため、終了後9時30分から夕食。午後11時に就寝。
初めて合うメンバーであり団体行動なので協調性に欠ける者は厳しい。(サーファー同士のつきあいとは当然違う)
朝は同時に起き、夜は同時に寝る。一人でも早起きするものがいるとペースが狂い体調不良となる可能性がある。
寝袋で寝る。

テレビはなし。写真のテレビは昼間に使用している警察の備品でビデオのみ。
DSCF0970.jpg

ただし、夜は飲める。
自分は毎日ビール1本後、ワインを1本飲んだ。
不届きな!と思うかもしれないが、良く笑った。
だいたいはエロ話し(笑)

いつも言ってきたこと。
「自分が元気じゃなきゃ、人には何もしてやれない。」
頭を切替えれること。
できる時には元気に笑い、被災者には精一杯いたわりの気持ちで接する。


さて、精力的に被災地をまわらせていただき、津波の恐ろしさを焼き付けてきた。
その写真を公開させていただきます。

時は止まったまま。
DSCF0775.jpg

DSCF0802.jpg

DSCF0714.jpg

DSCF0720.jpg

DSCF0722.jpg

DSCF0763.jpg

高さ20mはある海岸道路のガードレールにはコンブが着いていた。
DSCF0764.jpg

DSCF0774.jpg

DSCF0770.jpg

DSCF0779.jpg

DSCF0780.jpg

DSCF0697.jpg

DSCF0717.jpg

DSCF0849.jpg

DSCF0852.jpg

これだけでも津波の強大さが伝わる。

怖かったろうな。

つづく
posted by yojibay at 17:47| 日記

report6 災害写真(2)

引き続き災害写真。

1105241.jpg

堤防も簡単に破壊されてしまった。
dscf0757.jpg

DSCF0956.jpg

DSCF0851.jpg

DSCF0858.jpg

友好関係の多摩から車が送られた。
それには子供たちの思いがいっぱい刻まれていました。
DSCF0893.jpg

DSCF0896.jpg

DSCF0935.jpg

DSCF0936.jpg

全国から。
DSCF0951.jpg

DSCF0954.jpg

DSCF0955.jpg

ひとたび風が吹けばホコリが舞う。
DSCF0989.jpg

黄色は撤去、青は撤去はしないで、ピンクは立ち会い希望。
DSCF0995.jpg

巨大な船が・・・。
DSCF1007.jpg

DSCF1016.jpg

DSCF1021.jpg

DSCF1031.jpg

DSCF1027.jpg

DSCF1044.jpg

普通の商店街が廃墟に。
DSCF1062.jpg

満潮になると街は海水に浸かる。
DSCF1058.jpg

つづく
posted by yojibay at 17:47| 日記